AWSの利用料金は請求書代行サービスで楽々支払い

AWSはクラウド型のインストラクチャプラットフォームで、拡張性が高く低コストで運用が出来るものです。

オンプレミスのように初期費用が掛からず、リソース消費量に応じた支払いで済み低コストな運用が出来る上、豊富な機能や高機能な管理インターフェースを必要に応じて使用することが出来ます。

このように非常に有効なAWSですが、使用料金の支払い方法がドル建てクレジットカード払いに限定されています。
そのため、法人名義のクレジットカードを持っている企業は数少なく、利用したくても出来ない状況を生んでいます。

この問題を解決するのがAWSの請求書代行サービスです。利用する企業に替わり、請求書の支払いを行う代行サービス業者を通して、AWSの利用が出来る様になります。


請求書代行サービス業者では、企業に円建てに変換した請求書を発行するため、経理上の処理が簡単に行えるようになります。


具体的なサービスの流れとして、企業は請求書代行サービス業者に代行申し込みをして、アカウントを発行してもらうことで、すぐ利用出来るようになります。

AmazonEC2の情報を多数ご用意したサイトです。

そして、月末に使用料の円換算をした金額とサービス使用料の請求書が発行され、翌月末払いをするという様なことになります。

NAVERまとめの情報検索ができます。

また、サービス業者によっては、契約企業の支払いを一括決済しているところもあり、AWSのデータ転送量に応じたディスカウントを受けることで料金が下がる可能性があります。

契約企業が増えれば増えるほど支払額のダウンが出来るということです。